ハイラルクイズ旅

倉敷クイズ会の広報係・リンクのブログ。参加した例会についてや、倉敷クイズ会の今後の予定などを綴っていきます。例会に参加したい、興味があるという方は、コメント欄にご一報ください。

5/27 AnAn旅→ 5/28 AnAnARR

5月頃にTwitterで、Answer×Answer(以下AnAn)がまだ設置されている店が島根県にあるという情報を見かけました。自分がクイズを本格的に始めたきっかけはAnAnですし、リアルクイズにこれほどハマったのもAnAnのおかげ(せい?)なので、撤去される前に一度は行ってみたいなと思っていました。

 

そんな中、5月28日にAnAnARRという企画(後述)が行われるということだったので、前日の土曜日に帰省がてら押しに行ってきました。

 

いつもは寄ったことない美保関PAに行ったり、お寿司を食べたりしながら、何とか目的地の平田ショッピングセンターVIVAに到着しました。撤去されていたらどうしようと考えながらフロアを散策すると、懐かしい(10年以上前の)ゲームがたくさん置いてあるさらに奥の位置にAnAnは設置されていました。※なお、現在はもう、ここのAnAnは撤去されているそうです。

 

はやる気持ちを抑えながら、席に着くと、懐かしい音楽、画面に、当時の思い出がいろいろ蘇ってきました。

f:id:Linkaqua:20171017174929j:plain

早速、カードを入れて遊んでみると、2対しかできない模様。当然、周りにプレイヤーもおらず、コンピューター戦です。積み重ねキングまでは楽々到達しましたが、ここからが厳しかったです。こちらが1個積みならあちらは2個、こちらが攻めて7個積めば(誤答混じり)あちらは1個積みという積み重ねキングの容赦ない戦いぶりを前に、10連敗を喫しました…。

f:id:Linkaqua:20171017175822j:plain

 

f:id:Linkaqua:20171017175927j:plain

萌え問も何問かあったけど、基本的に多答苦手勢なので、全く勝てず…

 

このままでは、全く翌日の予習にならない…。悔しさを晴らすためと予習も兼ねて、サブカでも遊びました。テクニカル、連想で、雪辱を晴らすことはできましたが、やはり積み重ねキングに勝ちたかった。

今回の旅の目的のひとつに、自分がどのぐらい強くなったのかを知りたいというのもあったのですが、結論として当時からそんなに変わってないということに…。もっと精進しなければ…。

 

そして、翌日、クイズ会。こいるさん(運営担当)・かっとさん(作問担当)による「AnAnARR(アレンジと読む)」が午前中から終日で行われました。5月・9月・12月と年3回も終日企画を行うバイタリティがうらやましいです。

 

この日の企画は、再現度がすごい企画だったの一言に尽きます。前日に押した自分が言うのだから間違いない(長井秀和…懐かしい…)!こいるさんのパソコン力により、ビジュアルクイズやカード奪取クイズを、かっとさんの作問力により連想クイズを完璧に再現していました。特に、AnAn特有の連想ヒントの再現度がすごかったです。(例「セサミストリート」→「ゴマ」)

 

積み重ねクイズやサバイバルクイズも楽しかったので、第3弾があったら漢字メドレークイズやあまのじゃくクイズにも触れてみたいですね。企画してくださった、こいるさん、かっとさん、今更ですがありがとうございました~。

新しいパソコン購入

タイトル通りですが、ついに、新しいパソコン買いました。先々々週行われたH2Oオープン再放送での準優勝、先週行われた持ち寄り杯での優勝を祝い、自分へのご褒美として買いました(「自分へのご褒美」つければ、大抵の贅沢できる説)。

 

ということで、この記事もパソコンで打っています。スマホで打つよりも、キーボードで打つほうが遥かに早く打てる気がします。ということで、もしかしたら、ブログ更新頻度もかなり少しは上がるかもしれません・・・(頻繁に覗いてくださっている方がおられるそうなので、期待に応えたいところです)。

 

また、パソコンが手に入ったので、スカクイもできるようになりました。機会がありましたら、お声かけいただけると、たいへん嬉しいです。

5/14 リコのさつまりこ感謝カップ

4か月以上も前のことなので、どんどん記憶が抜け落ちてますが、5/14はリコさんの2回目の企画「さつまりこ感謝カップ」でした。正しくは、別の名前があったような気もしますが、倉敷クイズ会では、仮の名前がそのまま正式名になることが往々にしてあるような気がします。

 

この日は、2回目ということもあり、リコさんがいろいろな形式を用意されていたのが印象的でした。特に、その中でも、「人狼クイズ(©リンク)」が面白かったですね。(手前味噌!!)自分の考えた形式を使っていただけることは、恥ずかしくもあり嬉しくもあり。そんな中、この「人狼クイズ」は、やっぱり、良くできた面白いルールだなと押しながら思っていました(手前味噌2回目!!)ゲストのわれちゃったさんやポキさんの演技に見事騙されてしまいました。

 

途中から遅れて来られたせぼさんの猛追をかわし、優勝したのは、かーだ君でした。おめでとう!

 

この日は、せぼさんを始め、われちゃったさん、ほーむさんなどゲストが多く、さすがリコさん企画といった感じでした。楽しい企画をありがとうございました~。前後して、合宿企画のときにも書きましたが、リコさんは、問題作成も押しも、どんどん上手になっていると思います。次回も楽しみです。

 

【心に残った萌え問】

佐野洋子

絵本・童話・児童文学好きとしては、外せない1問。

 

・マスキングテープ

文房具好きとしては、外せない1問。いろんな柄のを持っており、中でも、しまねっこ柄のものは、勿体なくてなかなか使えない。クイズ会では、早押しボタンの落下を防ぐための固定に使われたり、調子の悪いコードの目印にしたりと、様々な用途に大活躍。

2017年10月の予定

1日13:00〜妹尾 
ゆーメロ杯

8日13:00〜興除

15日13:00〜妹尾
持ち寄り杯3

22日13:00〜妹尾

29日9:30〜芳田
日本ポキデミー

2017年9月の予定

9/3 13:00〜 妹尾

第3回H2O再放送(第7回吉備国早押王)


9/10 休み


9/17 13:00〜  妹尾


9/24 9:30〜 妹尾

こいるかっと杯

8/4,5 関東遠征

6月に氷雨さんから、自分の好きそうな企画が埼玉であると聞きました。その企画に参加するために、東京に行ってきました。遠いなぁと最初は思いつつも、閃き系メインの企画なんて参加する機会はそうそうないだろうということで参加を決意しました。

朝9時からの開始ということで、前泊することにして、浅草に宿をとりました。東京の中で、いちばん好きな街は浅草かもしれません。基本的に、人混みが苦手なので。


お昼に東京に到着し、まず銀座へ行きました。駅を出て少し行ったところに、ジンギスカンのお店を発見したので、✖️✖️さんを✖️✖️ためにも、そこでお昼ご飯を食べることにしました(何だ、それ!?)。聞いた話によると、ジンギスカンには焼いてからタレをつける普通の焼肉みたいな食べ方のタイプと、タレにつけてある肉を焼く食べ方のタイプがあるとか。この店は前者だったので、結果的に✖️✖️ことにならなかったということで…。

その後、銀ブラ(ぶらつく意味の方)しながら、銀ブラ(ブラジルコーヒー飲む方)しに「カフェパウリスタ」へ。リンクのほろにが喫茶巡礼!キッシュも食べたかったけど、結構お腹いっぱいだったので断念…。

ひとしきり銀ブラした後、ホテルへ移動。もっとたくさんカフェを巡りたかったけど、残念…。そこまで人混みもなく、銀座の街も好きな街ランキング上位に入りそうな予感。また行きたい。

ホテルに着いて少し休憩した後、浅草演芸ホールへ。末廣亭と迷ったけど、今回は浅草演芸ホールの方にしました。✖️✖️さんリスペクト。桂伸治の「ちりとてちん」と、生ぴろきが面白かったです。大トリの落語「愛宕山」とザ・ニュースペーパーの政治ネタコントは、自分には難しかったですね…。山上兄弟(もう一人の方と1日交代で出演してるため)見れなかったのは残念…。てじなーにゃ


ここまでクイズ要素0…。このままだと、ただの旅日記で終わってしまう…。


2日目は、浅草から、乗り換え案内アプリに頼りながら、武蔵浦和まで頑張って行きました。

駅の改札に、どこかの大会でお会いしたことある面子を発見したので、挨拶しつつ、雑談を。全員揃ったところで移動をして、まず驚いたのが会場!綺麗なエントランスに、大きなホール。


1R近似値クイズ

マンサイさんによると、主催者のHさんは、他の人が作る企画とは違う企画を1年がかりで準備して、毎回皆を楽しませてるとのこと。期待が膨らみます。自己紹介もそこそこに、早速1Rが始まりました

まずは、1ケタ、2ケタ×3問、3ケタの近似値クイズです。誤差で順位が決まります。面白かったのは、0〜9まですべての数字が使われているという特殊ルール。

その後、誤差順に並んで、近似値サバイバル。オリることもできるルールで、駆け引きのある面白いルールでした。駅伝の記録を2時間台とかとんでもない解答したときは、流石にすぐオリました…。

自分の見せ場は、2セット目でした。セブンのおでんの✖️✖️✖️✖️✖️✖️の値段、✖️が描かれている切手の額面など知っているものが多く、1位を獲得することができました。

おかげで、全体の順位は3位というまずまずの滑り出し。


2Rメリー右脳ゴーラウンド

計24問ある右脳パズルを短い制限時間でローテーションしながら、次々答えていく形式。文字の周りを読んでいく形式が結構自分に合ってました。逆に、10文字の言葉を探す形式は結構苦手でした。全体的に、割と好きな形式が多く、総合ポイントは3位でした。ただ、2位の神様が頭一つ飛び出てて、さらに、1位のバーンさんが頭三つぐらい飛び出てて、かなわないなぁと痛感しました…。


3Rバカラ

クイズに正解すると、バカラに挑戦し、ルールに則ってもらえるチップを集める形式。クイズも普通の早押しではなく、「なぜ?」とか「どんな職種?」など、閃き系のクイズでした。Hさんはアメリカ在住が長いため、英語問題やアメリカンジョーク問題が多かったです。ここでの見せ場は、「ヒラリーとトランプが無人島で遭難したとき、生き残るのは(??)だ」というジョークのオチを答える問題でした。反対に、単独不正解が2問あったので、ジョーク力を鍛えなくては…。


4Rタイマン四択クイズ

答えをいくつ選んでもいい四択クイズ。4つ選ぶと絶対負けない代わりにチップがたくさん無くなり、1つしか選ばなければチップは減らないが負ける可能性が上がってしまいます。

自分は、75%の確率で生き残れる3枚賭け作戦を実行。これが功を奏して、このラウンドも3位を獲得することができました。


5R運命の二択クイズ

ランキング問題に挑戦した後、二択クイズに挑戦して、現在の点数が増減する運命の逆転ラウンド。

二択を当てる自信があれば、ランキング上位を狙えばいいですが、自信がないので下位を狙う作戦をとりました。これまでの貯金もあるので、これなら間違えてもダメージは少ないハズです。

結果的に、二択は正解していて、40ポイント上乗せできました。が、しかし、ここで何と、はんちょさんが+150点、えいりやんさんが+100点、ロンさんが+90点と大幅上乗せ続出で、一気にボーダーが上がってしまいました…。そして、自分が、ボーダー圏外の6位に…。ガーン。

と、ここで、またもやドラマが。トラキチさんの選択をめくると、差し上げ40点!!心優しいトラキチさんが、「せっかく岡山から来てくださったので」と自分に40点くださいました。遠征して良かった!!トラキチさんのおかげで、決勝進出することができました!ありがとうございました!


決勝R早解き右脳クイズ

2Rのようなパズル的問題を、タイムを競いながら解く形式の決勝戦でした。かなり好きな形式ですが、ここでもバーンさん、神様がとにかく早かったです。

決勝6問終わって、バーンさんが6問中5問1抜け、大差での優勝でした。2位神様、3位自分と、遠征した結果は出せました。終日通して、3位のポジションが一番多かったですね。


楽しい企画を一日中してくださったHさん、こういう場を設定してくださったマンサイさん、一緒にクイズした皆さん、本当にありがとうございました。


次は、岡山で、「岡山の閃き王」の座を賭けて、こういう企画で戦ってみたいものです。


4/10 賢押杯など

今更感もありますが、4ヶ月前の賢押杯のことを振り返ります。


1年半ぶりに、賢押杯Altが開催されました。そこで優勝された、しゅ→さんは、その縁で時々クイズ会にも来られますが、もう1年半も経っていたとは…。月日が経つのは早いものです。


ちなみに、この日は、クイズ会を引っ張ってくれた氷雨さんが岡山にいる最後の日でもありました。前日の送別会、そして、この日の打ち上げがだいぶ昔のことのように思えます。あの2日間は、ずっと皆の心に残ることでしょう(大袈裟)


ということで、いい結果を残したいなぁと思いながら臨んだワケですが…。


予選・ローリング

賢押杯では、お馴染みのローリング形式です。前回は、最後の最後、数点差で準決勝に行けなかった(敗復から準決勝進出)ので、是非、勝ち上がりたいところです。

なお、今回から誤答即トビというルールに変更されており、慎重な押しが求められます。ピンチ!

第1セットの「おやすみ、ロジャー」正解から、自分の戦いは始まりました。読んだことはないけど、「ウサギ」「眠り」を連想させるワードから思い切って押してみました。

全体的に、ルックさん、トカノさん、アズホックさんが調子よく押している感じでした。自分も、1位抜けはないものの、誤答せずに確実に抜けてはおり、2〜4(準決勝ボーダー)位辺りを揺蕩ってました(2点抜け・下から3番抜けが多かったです)。

そして、運命の十数セット目、好きなお笑い問題が来ました。「カウボーイハットをかぶって登場し(おっ、ザコシか!?)」ポーン!「/ハンバーグに関す」(あっ、危ない危ない)と慌てて修正して、「ハンバーグ師匠」を正解(「井戸田潤」でもう一回)。

ここでの7点は大きく、ルックさんに続き、準決勝進出の切符を手に入れました。


準決勝は、アタック25。メンバーは、ルックさん、自分、アズホックさん、トカノさん、そして敗者復活から上がってきたデイノニクス君でした。

自分のカラーは、リンク服と同じ緑でした。小賢しくも、パネルの取り方を意識して、いいタイミングのときだけ押そうなどと最初は考えていたものの、問題が難しく、それどころではありませんでした…。緑パネルがなかなか増えない増えない…。

ここでは、相変わらずルックさんが絶好調で赤パネルを増やしていました。トカノさんも好調ではあるものの、巡り合わせなどにより、なかなかパネルを増やせない状況…。

答えた人が決勝戦最後の一席を獲得できる状況で迎えた、最終問題。「〜企業で、」(うーん、苦手なジャンルだ…。けど、ここは押したい。でも、スルーの可能性もあるし…)「現在では、釣り…」(釣り関連の企業?シマノ?ダイワ?よし、どっちか答えてみよう!)とか考えていたら押されてました…。結果、答えはシマノで、ラストコール後、トカノさんが決勝戦に進出されました。

前回のAltのときもそうでしたが、準決勝ぐらいの難易度(QMAでいうところの☆4以上)が解けるようにならないと、なかなか厳しいですね。前回は1問、今回は2問、次までにもっと答えられるようになりたいものです。

勝戦は、激戦の末、トカノさんが優勝されました!おめでとうございます!

次回があるかどうかは分かりませんが、その時にはぜひ決勝戦に行きたいものです。


【心に残った萌え問】

・算額

準決勝で答えた数少ない問題。漫画QEDで算額がテーマの事件があり、そこから得た知識。


・箸洗い

準決勝で答えた数少ない問題2。実際に食事の席で「箸洗いが〜」とか言わないだろうから、おそらく、これもグルメ漫画知識。


なお、賢押恒例の答えた問題の割合チェックをしたところ、

文:理:芸:漫:ス:グ:社=9:1:2:1:0:3:0

という、かなり偏った結果となりました。