読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイラルクイズ旅

倉敷クイズ会の広報係・リンクのブログ。参加した例会についてや、倉敷クイズ会の今後の予定などを綴っていきます。例会に参加したい、興味があるという方は、コメント欄にご一報ください。

南日本新人王1

10/23に福岡で行われた南日本新人王に参加してきました。


前泊していたので、前日はしっかりと福岡グルメを堪能することができました。博多ラーメン、博多通りもん、もつ鍋、能古うどん、などなど。


博多駅から福間駅まで向かい、会場の公民館まで歩いて行きました。15分ぐらいで到着。兼任スタッフとして、会場を設営したり、段取りについて話したり。緊張感が高まります。


そうこうしている内に、参加者の方も続々集まって、あっという間に開始時刻を迎えました。

自分は進行担当だったので、ルール説明や注意事項の読み上げ、場の進行を行いました。ドキドキしながらも、マニュアルやベテラン勢の方々に助けられ、無事に予選を終えることができました。進行のことで頭がいっぱいだったので、人の問題や答えがあまり頭に入ってきませんでした…。


そして、休憩ほとんどない状態で、新人王に移行。このサクサク進んでいくタイムテーブル、すごく好きです(待ち時間が長いと、どうしても熱が冷めてしまうので)


予選第1セットは、12人中4人抜けルール。左と右に座ってる大学生が強く、あっという間に2人勝ち抜け。自分はというと、15問超えても○積めず→焦って誤答→その誤答を取り戻すために更に誤答、という、いちばん嫌いな「誤答してなければ勝ち抜けてた」という負け方をしてしまいました…。「櫻井翔」や「安藤なつ」などエンタメ数問答えて5○までいったので、誤答さえなければ…。


予選第2セットも、12人中4人抜けルール。0勝1敗の人同士の対戦です。もう少し聴けば主人公の名前まで聴けたのに早く押して誤答とか、いらない言葉をつけてしまったがために誤答とか、このラウンドも焦りによる誤答に泣かされました…。結果、誤答がなければ勝ち抜けてた、という同じ目に…。


(続く)