読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイラルクイズ旅

倉敷クイズ会の広報係・リンクのブログ。参加した例会についてや、倉敷クイズ会の今後の予定などを綴っていきます。例会に参加したい、興味があるという方は、コメント欄にご一報ください。

年末鹿児島1日目

自分の中で偶数年恒例の年末鹿児島に、今年も参加してきました。2014年に初参加した当時が懐かしいです。オープン大会参加したことなかった当時の自分は、前後の例会も楽しそうな鹿児島オープンに参加するべく、単身九州へ行き、少しだけ足跡を残して?きました。九州の知り合いが少なくて不安でしたが、行って良かったと思える3日間でした(翌日の指宿も併せると4日間)。この辺りから、アンサー以外の知り合いも増えてきたような気がします。


そして、今年は、岡山のエース・氷雨さんと一緒に、新幹線で鹿児島へ。お互い、前日が忘年会でしたが、始発にきちんと間に合い、第一関門クリア!出発後は、久々にカルドセプトで対戦したり、新木場さん対策のブックを構築したりしてると、あっと言う間に到着しました。岡山→島根とあまり変わらないぐらいの所要時間。


第1企画・半開き杯

この企画に参加するために始発に乗ったと言っても過言ではないjudyさんの半開き杯。一昨年は参加できなかったのですが、今年は無事に参加できました。

蓋を開けてみると、まさかのペア戦でした。くじ引きでラ・サールの高校生?とペアに。5分ずつ交代で解くペーパーが面白かったです。

ペーパー後のコース別は、嘘フリ、大喜利、実際にやってみようなどオンリーのCコースを選択するも、まさかの定員割れ…。岡山ではこういうクイズが好きな人は、割と少数派だけど、全国区ではこっちの方が多数派なのか…。悲しみに暮れながらAコース(3○2×)に行くも、特に見せ場もなく終了。

準決勝の2文字限定クイズすごくよくできてて面白そうだったので、ぜひ参加したかった。決勝は、氷雨さんとれおんさんチームが強かったです。


第2企画・もりそん杯

まずは、2○2休。トランプのくじ引きにより組が決まるのですが、ハートが死の組でしたね…。押し機マックスで人がついてるので、どの組も大変は大変ですが…。

ここでも、0○2×で終了。まぁ、皆さん押しが早くて、太刀打ちできません…。


第3企画・遊園地杯〜石鹸口宏の東京フレンドパーク2〜

一昨年、参加して楽しかった石鹸さん企画です。あのときのビンカン選手権は衝撃的で、自分でも作問して、あれから3回岡山でもさせていただきました。自分が作った中で、結構お気に入りの問題は、「祝日法第2条によると、『ガッツ、ペガッサ、イカルス、メトロン、バルタンなどをお祝いする/です。

今回の石鹸さん企画は、ペア戦でした。チーム分けが面白く、数時間前に答えたアンケートの回答にちなみ、石鹸さんがメンバーそしてチーム名を決めるというものでした。チーム「east」とチーム「west」には、思わず感嘆してしまいました。

自分は、同じくテニスを趣味としているjudyさんと、チーム「テニスの王子様」を結成しました。全ての参加者に共通点を見つけて、数時間で組分けするのは本当にすごいなぁ、と。岡山でもしてみたいです。

クイズの方はというと、東京フレンドパークをイメージしたもので、各ラウンドが、「ネバーワイプアウト」や「ボディアンドブレイン」などアトラクションにちなんだクイズでした。自分もこういう企画よくするので、話聞くだけでも楽しかったです。「先に、企画名が浮かんで、後からラウンドのルールや名前を考えた」という一言には頷いてしまいました。

3○2×は各セット対応してたり、16ヒントクイズがあったり、自分好みの傾向でしたが、巡り合わせもあり、ここでも0○0×で終了…。2年前より弱くなってる⁉︎

そして、最後のダーツのくだりには、思わず笑ってしまいました。


終了後は、ホテルに荷物を運んで、天文館むじゃきへ。一昨年は駅の売店で冷凍の白くましか食べられなかったので、本物の白くまを食べるのは初めてです。レギュラーサイズでも、かなりの大きさで、岡山のおまち堂に初めて行ったときの衝撃さながらです。練乳も美味しいのですが、周りに散りばめられている果物や寒天が病みつきになります。


その後、食事に。昨年、熊本に行ったときも思ったのですが、九州は本当に肉が美味しい!地鶏のたたきや溶岩焼きが絶品でした。


そして、ホテルへ帰還。朝も早かったし、皆すぐ就寝かなと思いきや、クイズ部屋に集結。この日、1○も積んでいない自分としては、翌日に向けて答えておきたいところです。記念すべき初解答は、二重音声クイズの「ジョイフル・じょいふる」でした。「ポッキー」「ファミリーレストラン」「いきものがかり」という言葉が頭の中で繋がりました。

その後、しんほむらさんの問い読みで、5○3×(鹿児島オープン風)。「作家アリスシリーズでは/という嬉しい問題や、「アメリカのシンシナティ・レッズといえば野球のチームですが/や「映画館での映画観賞のお供に欠かせない/などの好きそうな問題を答え、2回勝ち抜けました。やっぱり、少人数だと押せる回数が増えていいですね。疲れていたので、そのまま就寝しました。


(続く)