読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイラルクイズ旅

倉敷クイズ会の広報係・リンクのブログ。参加した例会についてや、倉敷クイズ会の今後の予定などを綴っていきます。例会に参加したい、興味があるという方は、コメント欄にご一報ください。

年末鹿児島3日目

前日、3時過ぎまでクイズしてたものの割とスムーズに目が覚めました。チェックアウトの手続きをしたり宝山ホールに移動したりといろいろあって、前日みたいにフリバはできませんでした。


路面電車と徒歩で10分、会場の宝山ホールに到着しました。

年末鹿児島通しての第4企画は、マッドピエロさん企画でした。内容は、4人×3組で席について、2組(8人)ずつ交代していくローリング。団体戦の要素もあり、個人戦の要素もあり、楽しい形式でした。1時間でどうやって回すのかな〜と思ってましたが、全員ボタンにつく機会も保障されており、隣の人と一体感も持てるいいシステムでした。あっと言う間の楽しい時間でした。


第5企画は、黒の章〜止揚の赤編。一昨年、「黒の章」という問題集を買って帰って、クイズ会で使ったらすごく盛り上がったのを覚えてます。あの黒の章の作者が、ドクロさんだったとは。

まずは、ペーパー。1問2点のハード?と、1問1点のノーマル?の2種類から好きな方を選ぶ形式でした。てっきり、ハードの方はヒントが少なく、ノーマルの方はヒントが多いのかな〜と思っていたら、答え合わせのときに感動してしまいました。おぉ〜っとなったので、自分も今度使ってみたいと思います。

ジャンプ作品のタイトルと、両さんの誕生日しか分からなかったので、ペーパー敗退で、決勝は観戦。

決勝の「少年時代の両さんが、白鳥少年のために/は、かなり好きなエピソードだったので、答えたかったなぁ、と。観てる側でも、かなり楽しませていただきました〜。


第6企画は、wkmt杯。

相変わらずペーパー順位が真ん中ら辺だったのですが、人数的に今回は希望のコース別に行けました。

ということで、嘘フリなどが豊富なBコースに行くも、逆アップダウンという形式に苦しみ、1○もできず終了〜。あとは、ずっと氷雨さんの応援をしていました。準決勝の多答通せんぼクイズは面白そうだったので、次はプレイヤーとしてあの場に立ってみたいですね。


30分おしていたこともあり、促進ルールが適用されて、でりじぇんとさんが優勝!おめでとう!


その後、駅に戻り、さつま揚げや生かるかん、地鶏の炭火焼きなどお土産をたくさん買いました。少し早めの夕飯(黒豚のトンカツ)を食べて、鹿児島を後にしました。帰りの車内では、氷雨さんと鹿児島の3日間を振り返ったりしつつも、結構疲れていたので、2人とも半分ぐらい寝てました…。


1年の最後の締めくくりとして、楽しい時間が過ごせて、とてもいい3日間でした。お会いした方々、ありがとうございました〜。